大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(ポリープを切除した場合)

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談です。大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)までの事前準備と検査の内容、検査後どうするのか、どうなるのか、私の体験をもとにまとめました。

スポンサードリンク

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(ポリープを切除した場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)で大腸ポリープを切除した場合は、安静室に移動し、1時間程度安静にした後、そのまま入院になります。

当日は、絶食になりますので、病棟のベット上で点滴を打ち続けることになります。

私は3~4本、8~9時間、点滴を受けました。

その間に、担当医から検査結果などの説明があります。

この日は、トイレと洗面以外安静にということで、そのままベット上ですごすことになります。

喫煙もNGです。

私は、深夜に点滴が終わったので、隠れてたばこを吸いに行こうと思いましたが、夜勤の看護師さんに見つかり、止められました。

見つからなければ吸っていたと思います。

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の手順

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(異常がない場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(ポリープを切除した場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)当日、検査と検査以後

トップページへ戻る

サイトマップ

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談


スポンサードリンク

メニュー