大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(異常がない場合)

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談です。大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)までの事前準備と検査の内容、検査後どうするのか、どうなるのか、私の体験をもとにまとめました。

スポンサードリンク

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(異常がない場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)が終わったら、安静室で横になったまま、1時間程度安静にします。

その後、担当医から検査結果の説明があります。

検査で異常がなかった場合は、会計を済ませて帰ります。

当日の食事は、最初の食事は消化の良いものをゆっくり食べます。

冷たいものや熱いもの、刺激のあるものは摂らないようにします。

仕事はしてもかまいませんが、鎮静剤の影響は24時間ほど残る可能性があるとのこと。

車・バイク・自転車の運転や機械の操作、重要な決定は厳禁となります。

喫煙は、気分不快を生じる恐れがありますので、控えることをおすすめします。

私は、そのまま入院しましたので、たばこを吸いたくても吸えませんでした。

検査結果に異常がなくても、検査当日は検査で体力を消耗していますので、ゆっくり休養することと、水分をいつもより、多めに摂るよう指導されます。

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の手順

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(異常がない場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(ポリープを切除した場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)当日、検査と検査以後

トップページへ戻る

サイトマップ

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談


スポンサードリンク

メニュー