サイト管理人

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談です。大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)までの事前準備と検査の内容、検査後どうするのか、どうなるのか、私の体験をもとにまとめました。

スポンサードリンク

サイト管理人

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談、サイト管理人は、千葉県北西部在住、都内通勤の50代サラリーマン。

今の会社に入って早や30年を経過しました。

管理人は、消化器系の弱い家系に生まれたようで、学生時代から痔を患い、成人を過ぎて社会人になったら、お酒と煙草の機会が増えて胃炎に、そして十二指腸潰瘍から胃潰瘍へ。

そして、とうとう複雑痔瘻で緊急入院、手術。

げっぷが頻繁に出たときは、逆流性食道炎という診断も受けました。

そして、だましだまし生活してきて50代突入も、今度は血便らしきものが出て、救急外来へ。

胃の内視鏡でも出血の後は見つからず、腹骨盤CT造影では直腸に腫瘍?という疑いまで。

そこで今回、10年ぶりに大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)を受けました。

大腸ポリープが見つかり、病理検査をしてもらいましたが、悪性ではありませんでしたので一安心。

でもあの血便のような物は何だったのでしょう、未だに原因が分かりません。

サイト管理人トップページへ戻る

サイトマップ

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談


スポンサードリンク

メニュー