大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の仕事への影響

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談です。大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)までの事前準備と検査の内容、検査後どうするのか、どうなるのか、私の体験をもとにまとめました。

スポンサードリンク

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の仕事への影響

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)を受ける場合、どのくらい仕事に影響が出るのか、サラリーマンにとっては気になるところです。

このホームページの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の流れを見てみればお分かりの通り、検査当日だけではなく、その前後もしなければならないことがあります。

実際に大腸ファイバーを体験した私の経験からのアドバイスです。

あくまでも検査で異常がなかった場合のケースです。

大腸ファイバー検査の仕事への影響

検査日前4日~2日→仕事への影響はありません

検査日前日→0時までには仕事を切り上げ帰宅することになります

検査当日→仕事は休むことになります

検査日翌日以降→仕事への影響はありません

このように、検査で異常がない場合は、基本的に検査日当日だけお仕事を休めば、そのほかは仕事には影響を与えません。

しかし、大腸ファイバーを受けること自体が、何らかの自覚症状や異常があって受けるのですから、お仕事はセーブして検査に臨んだ方が良いと思います。

私は、検査前4日前から前日は定時で帰宅し、検査当日は仕事をお休みしました。

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の仕事への影響大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の費用

トップページへ戻る

サイトマップ

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談


スポンサードリンク

メニュー