経口腸管洗浄剤(スクリット)の作り方

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談です。大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)までの事前準備と検査の内容、検査後どうするのか、どうなるのか、私の体験をもとにまとめました。

スポンサードリンク

経口腸管洗浄剤(スクリット)の作り方/大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)

経口腸管洗浄剤(スクリット)の作り方は次の通りです。

スクリットとガスコンドロップ

スクリットをペットボトルに入れる(慎重に)

事前に、2リットルサイズの空のペットボトルを用意しておきます。

そこへスクリットを入れます。

ペットボトルの口が小さいので、慎重に入れてください。

ご覧の通り、私は少しこぼしてしまいました。

水を半分加えて、充分に振る

私は2リットルのミネラルウォーターを2本買って置いて、事前に1本飲んでおいて、そのペットボトルにスクリットを入れて、もう一本のボトルの水を入れました。

ペットボトルの口が小さいので、紙コップに水を移して、ペットボトルへ水を入れました。

水を追加して2Lにする

ガスコンドロップを入れる

これでスクリット2リットルが完成です。

この作業は、お昼以降に検査される方は、病院で用意してくれますので必要ないと思います。

私は一応、検査予約時間が朝一番の9時だったので、自宅で自分で2リットル分を作る話になったようです。

消化管運動調整剤(ナウゼリン)の服用

経口腸管洗浄剤(スクリット)の作り方

経口腸管洗浄剤(スクリット)の飲み方

検査当日排便の観察

病院へ移動

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)当日、検査までの準備

トップページへ戻る

サイトマップ

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談


スポンサードリンク

メニュー