大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の手順

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談です。大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)までの事前準備と検査の内容、検査後どうするのか、どうなるのか、私の体験をもとにまとめました。

スポンサードリンク

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の手順

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の手順は次の通りでした。

まず看護師さんが私の本人確認をします。

名前と生年月日を言いました。

次に、血圧と脈拍の測定。

そして、体の左側を下にして、検査台の上に横になります。

姿勢はひざを抱えるような感じで検査を受けます。

そのあと、鎮静剤を静脈注射されます。

すぐさま、担当医が、大腸ファイバー(内視鏡)を肛門に挿入してきます。

しかし、何にも感じません。

強力なんですね、鎮静剤の効き目は!という感じです。

直腸から盲腸まで、大腸すべて見るのに、15分とちょっとです。

私の場合、右結腸曲付近にポリープがあったので、切除しましたので、20分くらいかかりました。

時間は私の感覚です。

すごく短時間のような気がしました。

検査中は、モニター画像も見られましたが、頭がボーッとして、よく覚えていませんが、「ここにポリープがありますので。これですよ。切除します」と言われて、その切除シーンはしっかり見る子ことができました。

いとも簡単に手慣れた感じで、切除されました。

その後はよく覚えていません、意識はあったのですが。

そして、私は看護師さんに安静室へ運ばれました。

そのまま、検査台(ストレッチャー)ごと運ばれたのか、車いすで移動したのか、よく覚えていませんが。

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の手順

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(異常がない場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)以後(ポリープを切除した場合)

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)当日、検査と検査以後

トップページへ戻る

サイトマップ

血便が出た!50代サラリーマンの大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)体験談


スポンサードリンク

メニュー